法事の時にお坊さんにお出しするお菓子についての詳細

法事の時にお坊さんにお出しするお菓子について

"日本社会において、お寺との付き合いはとても大切な事であり、地域密着型の生活をしている地方や、田舎に行くほどその傾向が強いと言われています。
やはりお坊さんとの日頃の付き合いによって、先祖に対する面目も保てますので、法事などのお坊さんにお世話になる時期などには、誠意を持ってもてなすことが大切な事であると言われています。
ただし誠意をもってもてなすと一口に言っても、おもてなしの作法は人それぞれ、家庭によっても様々なおもてなし方があります。
おもてなしと言うと一級品のお茶と豪華なお茶菓子を一般の方々は想像しますが、お坊さんをおもてなしする事において一番重要なポイントは、おもてなしにかける金額ではなく、日頃お世話になっているお坊さんへの心からの感謝であり、感謝の心と丁寧なおもてなし作法を心掛ければ、ありあわせのお菓子やお茶でも、お坊さんは感謝の心を汲み取り、快くおもてなしに応じてくれるでしょう。
しかし出来る事なら、法事の際にお出しするお菓子と飲み物の組み合わせについては、少し工夫をこらしてみるのも良いかもしれません。
お坊さんにお出しする飲み物と言えば、大抵の場合お茶ですが、やはり渋いお茶には甘いお菓子が似合います。
お坊さんにお茶やお菓子をお出しする場合には、畳に直接置いてお出しても大丈夫ですが、やはり小さな折りたたみテーブルなどをあらかじめ用意しておいて、その上にお茶とお菓子をお出しするのが良いかもしれません。"

>>お坊さん派遣サイトを見る

お坊さん便